焼きしいたけのもちキビ詰め マクロビオティックのレシピ

マクロビオティックのレシピ 焼きしいたけのもちキビ詰め

【 材料 4人分 】
シイタケ16〜20個(大きさによる)
塩      適量
もちキビ   1/2カップ
水      1カップ 
塩      小さじ1/8 
醤油     大さじ3
ゴマ油    大さじ4


作り方
1.もちキビを炊く。
もちキビはボウルに入れてたっぷりの水で洗い、厚手の小鍋に水1カップを沸騰させ、
塩ともちキビを入れて木べらでかき混ぜながら強火で煮る。
へら跡から鍋底が見えるようになったら、フタをしてとろ火で15分炊き、
火から下ろして10分蒸らしてさっくり混ぜる。

2.シイタケは軸を切り取り、ひだの部分を上にして塩をふる。
塩味がつきにくいので、しっかり塩をふる。切り取った軸は石づきの堅いところを
取って細かく刻み、炒め物などに使うことにする。

3.オーブンかフライパンか網で、押すとジュワッとへこむくらいまで焼いて皿に取る。
中心まで弾力が出たらOK。

4.炊いたもちキビに、醤油とゴマ油を混ぜ合わせたたれを混ぜる。(もちキビ中華ソース)

5.焼き上がったシイタケに、もちキビ中華ソースを詰めて、もう一度180度のオーブンに
入れて5分焼く。オーブントースターでもOK、3分くらいで熱々になる。


未来食を書かれた大谷ゆみこさんが発行しているメルマガより抜粋のレシピです。
(今はもう発行されていないようです。)
炊いたもちキビとしょうゆが、卵かけご飯の味にそっくりなんです。
時に炊きたてはもっちりおいしい!これだけでいいって感じです。
結構お腹にたまるので食べ過ぎ注意ですね。冷めると、ちょっと固いかも知れません。


未来食―環境汚染時代をおいしく生き抜くつぶつぶ雑穀ごちそうごはん―野菜と雑穀がおいしい!簡単炊き込みごはんと絶品おかず
未来食は時代を感じるつくりなので(笑)今ならつぶつぶシリーズで
おしゃれな雑穀レシピがたくさん紹介されています。


富川浩一のマクロビオティック料理教室DVD

元チャヤマクロビオティック自由が丘店店長・シェフ、オーガニックベースなどで、
料理教室の講師を務めていらっしゃる富川浩一さんのDVDで学べる
マクロビオティック料理教室が販売となりました!



マクロビオティック料理教室詳細はこちら>>