玄米のおいしい炊き方


炊飯器は最新のIH炊飯器がおすすめですが、のちのち圧力鍋などを手に入れたくなりますので
買い換える必要はないかもしれません。

【 炊飯器で炊く 】
(炊き上がりは炊飯器によってずいぶん違います)

@釜に玄米を入れ、なるべくならミネラルウォーターか浄水器などを通したおいしい水を
注ぎます。ずっと乾燥状態だった玄米は初めて出会う水をしっかりと吸い上げます。
いい水を使うことがおいしく炊くコツです。 やさしくかき混ぜると籾殻(もみがら)などが
浮いてきますので、それを取り除きます。これを2、3回繰り返します。

A玄米を水につけておきます。
6時間から一晩くらいつけますが、最低でも1時間はつけておいてください。

B新しい水に交換して、玄米モードがついているならメモリをあわせます。
玄米一合につき塩を一つまみ入れて、スイッチを入れ、炊き上げます。



圧力鍋はいろいろありますので、家族の人数に合わせてお選び下さい。
食品が触れる部分はステンレスのものがおすすめです。



【 圧力鍋で炊く 】
(炊き上がりはふっくらもちもち)

@釜に玄米を入れ、なるべくならミネラルウォーターか浄水器などを通したおいしい水を
注ぎます。ずっと乾燥状態だった玄米は、初めて出会う水をしっかりと吸い上げます。
いい水を使うことがおいしく炊くコツです。やさしくかき混ぜると籾殻(もみがら)などが
浮いてきますので、それを取り除きます。これを2、3回繰り返します。

A玄米を水につけておきます。
6時間から一晩くらいつけますが、最低でも1時間はつけておいてください。

B玄米の容量の1.2から1.8倍の新しい水に換え、中火に5分くらいかけます。
水が温まったら玄米一合につき一つまみの塩を加える。

C圧力鍋のふたをして、圧がかかったら弱火にし、通常20〜40分炊きます。
夏は短めに、冬は長めに炊くとからだを温める効果を取り入れることが出来ます。
火を止めて10〜15分くらい蒸らし、圧を抜いて木じゃくしで混ぜ、おひつかボウルに移します。



マスタークックは玄米を炊くだけでなく、煮物や味噌汁用にも使えるし、
本当においしくなるのでおすすめです!!


【 圧力鍋で炊く 】
(炊き上がりはさっくり。)

@釜に玄米を入れ、なるべくならミネラルウォーターか浄水器などを通したおいしい水を
注ぎます。ずっと乾燥状態だった玄米は、初めて出会う水をしっかりと吸い上げます。
いい水を使うことがおいしく炊くコツです。 やさしくかき混ぜると籾殻(もみがら)などが
浮いてきますので、それを取り除きます。これを2、3回繰り返します。

A玄米を水につけておきます。
6時間から一晩くらいつけますが、最低でも1時間はつけておいてください。

B玄米の容量の1.5倍〜1.8倍の水に換え、玄米一合につき一つまみの塩を加えます。
マスタークック(土鍋)の場合は内蓋(皿でよい)をしてから外蓋をします。

C沸騰したらごく弱火にして木栓をして40〜50分ほど炊きます。
最後に5秒ほど火を強くして水分をとばし、火からおろします。 手早く天地返し
(さっくり混ぜて下部の米と下部を入れ替えること)をして、10分ほど蒸らします。





富川浩一のマクロビオティック料理教室DVD

元チャヤマクロビオティック自由が丘店店長・シェフ、オーガニックベースなどで、
料理教室の講師を務めていらっしゃる富川浩一さんのDVDで学べる
マクロビオティック料理教室が販売となりました!



マクロビオティック料理教室詳細はこちら>>