マクロビオティックの基本食 

マクロビオティックの基本食は完全にこれに従うというものではなく参考となるものです。
仕事内容や大人と子供、男女によっても個人差がありますので、実際に試してみて
体感しながら調節していってくださいね。

【完全穀物 50〜60%】

玄米、全穀麦、ひえ、あわ、キビなど

【野菜 20〜30%】
葉菜(にら、だいこんの葉)、円形菜(かぼちゃ、ブロッコリー、キャベツなど)、
根菜(大根、にんじん、ごぼう)などをバランスよく調理したもの。

【豆、豆加工品、海草 5〜10%】
大豆、小豆、レンズマメ、ひじき、のり、あらめ、わかめなど

【スープ 5〜10%】
味噌汁やすまし汁など1日1,2杯

上記以外でも、調味料・漬物・湯茶が毎日の食事に含まれます。

【補助として週に数回】
白身魚・ナッツ・種子類・温帯原産のくだもの・バランスの取れたデザート


マクロビオティック初心者は、はじめからこれを厳格に守ろうとしないほうが良い
と思います。ゆっくり少しずつ取り入れていくのが、負担がないのではないでしょうか。

なぜ、ゆっくりをおすすめするかというと自分が家族に強制してしまったり、
外出先で「食べるものがない〜!!」というふうに凝り固まった考えになって
失敗した経験があるからです。

穏やかな心を手にしたくてはじめたマクロビオティックなのに、それでは本末転倒ですね。


参考:「Organic Base マクロビオティックと暮らす」
私のお気に入りのマクロビオティックの本です。奥津さんのやさしい人柄がマクロビオティックだけにはとどまらない
優しさを感じさせてくれます。気になったら是非、読んでみてくださいね。



富川浩一のマクロビオティック料理教室DVD

元チャヤマクロビオティック自由が丘店店長・シェフ、オーガニックベースなどで、
料理教室の講師を務めていらっしゃる富川浩一さんのDVDで学べる
マクロビオティック料理教室が販売となりました!



マクロビオティック料理教室詳細はこちら>>